search

「娘の成人式に想うこと」

公開日:2019年02月01日

先日娘が成人式を終えました。
彼女は1998年9月某日高松市の日赤病院で
生まれたのですが、当時私は高松営業所で
業務を担当していまして、妻が産気付いたという
知らせを受けて、業務終了後病院に駆けつけると
そのまま予約していないのに分娩室に連れて
行かれて妻の出産に立ち会うことになりました。
妻が悪戦苦闘している中、私は妻の手を握り
腰をさすることぐらいしかできず、ただただ無事に
生まれてくるのを祈るしかありませんでした。
数時間後、彼女は親の思いとはうらはらに、
逆子の状態でお尻から生まれてきました。
へその緒が首に絡まるかもしれないという危機と
戦って「オギャー!」と生まれてきた時の感動は
今でもはっきりと記憶に残っています。

あれから20年、大きな病気や怪我もなく
無事成人式を迎えることができましたが
これから先どうなることやら・・・・・・・

掲載の写真は成人式の写真ではなく、妻が
七五三の時と顔が変わっていないというので
七五三の時の写真を掲載しました。

総務部 筒井豊樹

カテゴリー:社員ブログ